株式会社アクトサンライズ

初めてのCAD!派遣業界で解説する基礎知識と始め方

  • LinkedIn
  • LinkedIn
  • お問い合わせはこちら

    初めてのCAD!派遣業界で解説する基礎知識と始め方

    初めてのCAD!派遣業界で解説する基礎知識と始め方

    2023/12/20

    ~初めてのCAD!派遣業界で解説する基礎知識と始め方~

    派遣業界では、CADを使った仕事が増えています。しかし、初めてCADを使う方にとっては、何から始めればいいのか分からず、不安を感じるかもしれません。そこで、今回はCADの基礎知識や始め方について解説します。CADを使って仕事をする方も、これから始めようと考えている方も、ぜひ参考にしてみてください。

     

    【CADとは何か?】

    派遣業界でも、現在ではCADが重要な役割を担うようになっています。CADとは、Computer-Aided Designの略で、コンピューターを使って設計や図面を作成することを指します。 CADを使うことで、従来の手書きによる設計や図面作成に比べ、より高度で正確な設計が可能となります。また、CADソフトウェアには、3D機能が搭載されているものが多く、設計図を見た際に3Dモデルを仮想現実で見ることもできます。このため、CADは製造業や建築業など、多くの業界で使われるようになっています。 派遣業界でも、CADオペレーターとして働く人材が必要とされています。CADオペレーターは、CADソフトウェアを使って、設計や図面作成などを行う仕事です。派遣先企業に対して、CADオペレーターが必要となった場合には、派遣業者がそのニーズに合った人材を提供することができます。 したがって、派遣業界でもCADが重要な役割を担うようになっています。CADオペレーターを志す人にとっては、派遣業界も就職先のひとつとして検討することができるでしょう。

     

    【派遣業界でCADスキルが必要な理由とは?】

    派遣業界でCADスキルが必要な理由は、製造業や建設業などのクライアントから求められる要件があるためです。派遣先での仕事内容によりますが、CADを使った図面の作成や修正、データの管理、トラブルシューティングなどを行うことが多々あります。そのため、派遣社員にはCADスキルが求められるケースが多いのです。 CADスキルには、2D、3Dなど様々な種類があります。派遣先で使用するCADソフトによっても必要なスキルは異なりますが、業務に適したソフトを自身で選択し、使いこなすことが求められます。また、派遣先での現場作業となる場合には、CADスキルだけでなく、現場の作業指示や指導などにも適切なコミュニケーション能力が必要です。 派遣業界でのCADスキルは条件になるため、スキルアップすることによって就業機会を広げることができます。CADスキルを身につけ、幅広い業界での就業を希望する場合にも、求められるスキルであることは間違いありません。派遣業界でのCADスキルは、将来に向けたキャリアアップのためのステップアップポイントとも言えます。

     

    【CADの基礎知識を解説!】

    CADは、Computer Aided Designの略で、設計・製図作業のためのコンピューター支援システムのことを指します。派遣業では、CADを使って図面を作成する仕事があります。そのため、CADの基礎知識が必要です。 CADを使った図面作成は、手描きに比べて精度が高く、スピードも速いというメリットがあります。しかし、CADを使いこなすためには基礎的な操作方法や図面の正確な記載方法を熟知していることが必要です。 CADを使うためにはまず、図面を描くための基本的な図形(線や円、四角形など)の描き方を理解しておく必要があります。また、その図形の大きさや角度を正確に表現するために、単位や尺度の設定、寸法の記載方法なども含めた知識が必要です。 CADを使った図面作成には、パーソナルコンピューターにCADソフトをインストールする必要があります。そのため、ITについても基本的な知識を身につけておくことが望ましいでしょう。 CADを使って図面を作成することは、派遣業の中でも一定の需要がある仕事です。CADの基礎知識を身につければ、仕事の幅を広げることができます。

     

    【CADの始め方を紹介!】

    CADとは、コンピュータ支援設計の略称であり、3Dモデルや2D図面を作成するためのソフトウェアです。派遣業では、建築・土木・機械などの分野でCADを使用する場合があります。CADを使った設計により正確かつ高速な設計が可能になり、業務の効率化につながります。 まず、CADの始め方ですが、インストールしたソフトウェアを起動すると、メイン画面が表示されます。ここで、プロジェクトファイルを作成し、設計するオブジェクトの形状を選択します。その後、床や壁、ドア、窓などの基本的な部材を配置します。さらに、各部材の大きさや位置を調整し、細かいディテールを追加していきます。 CADの操作は初めての場合、慣れるまで手間がかかる場合があります。しかし、CADを正しく使いこなせるようになると、効率的に設計作業が行えるようになります。CADは多種多様な機能を備えており、作業に合わせて機能を選択することができます。また、インターネット上には、CADの使い方を動画や記事で解説した情報が多く存在するため、自己学習にも適しています。 以上、派遣業においてCADの始め方を紹介しました。正確かつ迅速な設計を行い、業務の効率化につなげるためにも、CADの使い方を学ぶことは必須です。少しずつ慣れていけば、スムーズに作業が進むようになるはずです。

     

    【派遣業界で使われるCADソフトとは?】

    当社の派遣業界でも、CADソフトは重要なツールの1つです。CADとは、コンピュータ支援設計の略で、製品や建築、機械などの3次元モデルを作成するためのソフトウェアです。 派遣業界では、建築・土木・機械などの設計図面や図面の設計が主な業務となります。そのため、CADソフトを使用することによって、精度の高い図面や設計データを作成することができます。 CADソフトには、有料のものから無料のものまでさまざまな種類があります。有名なものとしては、AutoCADやSolidWorksなどが挙げられます。これらのソフトウェアは、多くの企業で使用されており、派遣社員にも十分な知識とスキルが求められます。 また、最近では、クラウドソフトウェアやiPadアプリなども登場しており、利便性やアクセシビリティなどが向上しています。 派遣業界においては、CADソフトが必要なスキルであることは間違いありません。当社では、CADの専門知識を持つスタッフを派遣し、高品質な設計図面の作成をサポートしています。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。