株式会社アクトサンライズ

施工管理者の役割と給与の実態を分析!派遣業界の裏側を暴く!

  • LinkedIn
  • LinkedIn
  • お問い合わせはこちら

    施工管理者の役割と給与の実態を分析!派遣業界の裏側を暴く!

    施工管理者の役割と給与の実態を分析!派遣業界の裏側を暴く!

    2023/09/18

    施工管理者の役割と給与の実態を分析!派遣業界の裏側を暴く!

     

    建設現場の施工管理者は、建物の建設や改修工事などにおいて、現場の進行状況や品質管理、安全管理、予算管理等を担当する重要な役割を担っています。一方で、近年は施工現場の人手不足が深刻化しており、派遣会社を通じて施工管理者を雇用するケースも増えています。そこで、今回は派遣業界における施工管理者の実態に迫り、役割と給与について分析してみたいと思います。

     

    派遣業界とは?

     

    派遣業界は、企業からの依頼に応じて、派遣社員を紹介するビジネスモデルのことを指します。派遣業界は、企業が一時的な人材不足や業務増加に対応するための柔軟な人員調整を可能にする一方、多くの人々にとって初めての仕事の場ともなっています。 派遣業界には、専門的なスキルを持つ人材を派遣する技術系の派遣業や、一般事務や販売、軽作業などの幅広い職種を派遣する一般派遣業などがあります。また、特定の業種に特化した派遣業も存在し、ITや金融などの専門的な業界に特化したサービスを提供しています。 近年は、多様な働き方が模索される中で、派遣業界も多様な働き方を提供するために、派遣社員が企業の正社員と同等の待遇で就業する同一賃金同一労働の推進や、派遣社員に対する正社員への転籍支援など、制度改革が進んでいます。 派遣業界は、企業と労働者の間の橋渡し役として、重要な役割を果たしています。派遣社員は、派遣業界を通じて自分に合った仕事を見つけたり、キャリアアップの機会を得ることができます。一方、企業は、派遣社員の雇用人員を減らすことができ、柔軟な人員調整を実現することができます。

     

    施工管理者とは?

     

    施工管理者とは、建物や公共工事の現場で、建物の施工や改修工事の進捗管理や品質管理、安全管理を担当する重要な人物です。特に派遣業界では、経験やスキルを持った施工管理者の需要が高く、建物や施設の品質向上や、スケジュールの遵守などに欠かせない存在となっています。 施工管理者には、建築や土木の専門知識を持った人物が多く、現場での指示を行い、職人たちと密に連携しながら作業を進めていきます。また、安全面においては、危険を察知し、事故が起こらないよう事前に対策を講じる役割も担っています。 施工管理者は、やりがいがあり、経験とスキルを磨くことで高い報酬を手にすることができます。ただし、現場管理やすべての業務に対する責任を負うことになるため、厳しい精神力と責任感が求められます。 そして今後ますます、建物や施設の品質向上が求められるようになることが予測され、施工管理者の需要も高まっていくでしょう。派遣業界における施工管理者の役割は、重要性が増していくことが予想されます。

     

    施工管理者の役割は?
     

    派遣業において、施工管理者は現場での作業を監督・管理する立場にあります。彼らの役割は、人員のスケジュール管理や作業内容の品質管理など、安全・迅速・正確な施工を確保することです。 施工管理者は、建築現場での安全管理にも大きく貢献しています。彼らは、危険な状況を事前に予測し、事故が起きないように細心の注意を払っています。また、施工現場においては、騒音などの問題が起こる場合がありますが、施工管理者は際限なく騒音が発生することを防ぎ、周囲との調和のとれた作業を進めます。 施工管理者は、現場での作業を円滑に進めることが仕事となります。彼らは、技術力やコミュニケーション能力を駆使して、チーム全体が同じ方向を向いて作業を進められるように努めています。その上、作業のスムーズさや作業員の職務意識を向上させるように指導・改善提案を行うなど、自らもチームのメンバーとして、現場における生産性を高めるために取り組んでいます。 派遣業においても、施工管理者は常に現場側として、必要な作業や人員配置を行い、作業の進捗状況や品質管理を重視しています。施工管理者は、施工現場における作業スタッフの安全・生産性を守るため、責任感やコミュニケーション能力、周到な対応力などが求められます。

     

    施工管理者の給与の実態は?

     

    派遣業において施工管理者は、建築・土木現場において現場監督を担当する重要な役割を果たします。そのため、給与水準も高い傾向があります。一般的に、業務経験やスキル、資格取得の有無などによって給与が決定されます。 具体的な数字としては、未経験の場合でも月給25万円以上、数年の経験を持つ場合は月給30万円以上が一般的な相場となっています。加えて、施工管理者として必要な資格(建築士、土木施工管理技士など)を取得している場合は、これに応じた資格手当が支給されることが多いです。 また、勤務形態によっても給与水準は異なります。派遣業においては、契約期間や現場の規模によって異なりますが、日給制で働く場合が多いため、1日あたりの給与が示されることが多いです。(例えば、日給2万円という形で) 施工管理者の業務は重要かつ責任が大きいため、給与面でも適正な評価を受けることが一般的です。しかし、個人差が大きく、必ずしも上記の各給与水準と一致するわけではないため、就業前には十分な調査を行い、自己の希望に合った就業先を選ぶことが大切です。

     

    派遣業界の問題点とは?

     

    派遣業界にはいくつかの問題点が存在します。一つ目は、派遣スタッフの待遇の低さです。派遣スタッフは、正社員と比較して福利厚生や手当などが少なく、非常に不安定な雇用形態となっています。このため、派遣スタッフは将来の見通しが立たないことがあり、生活の不安を感じることがあります。 二つ目は、派遣業界の過剰な人材供給です。近年、派遣業界では、派遣スタッフの需要と供給が合わなくなる現象が発生しています。このため、派遣スタッフの仕事が途切れることがあり、雇用の不安定さが増しています。また、業界全体に公正な取り組みが行われていないことも問題点の一つです。派遣会社がスタッフを大量に派遣することで、業績を上げようとする会社があるため、スタッフの人身売買のような問題も発生しています。 以上のように、派遣業界にはいくつかの問題点があります。派遣スタッフの待遇の改善や、業界全体の公正な取り組みが求められています。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。