株式会社アクトサンライズ

建築現場で輝く!派遣施工管理の役割と必要スキル

  • LinkedIn
  • LinkedIn
  • お問い合わせはこちら

    建築現場で輝く!派遣施工管理の役割と必要スキル

    建築現場で輝く!派遣施工管理の役割と必要スキル

    2023/12/14

    ~建築現場で輝く!派遣施工管理の役割と必要スキル~

    建築現場において、派遣施工管理が果たす役割は非常に重要です。彼らは、プロジェクトの成功に向け、作業員の監督や進捗管理、安全管理など、多岐にわたる業務を担います。そして、そのために必要なのは、高い知識・技術力だけでなく、コミュニケーション能力やリーダーシップなど、多彩なスキルが求められます。本記事では、建築現場で輝く、派遣施工管理が担う役割と必要スキルについて詳しく解説していきます。

     

    派遣施工管理とは、建設業界において派遣スタッフを使用して施工管理を行うサービスのことです。派遣スタッフが建築現場で業務を担当し、建設プロジェクト全体の施工監理を行います。建築会社が人手不足や業務拡大時に派遣施工管理を利用するケースが多く、企業側は現場管理責任者の手配や安全管理、品質管理などの業務をアウトソーシングできます。また、派遣スタッフは、短期プロジェクトや業務量が増えた際の人員確保にも有効です。派遣施工管理業界には、現場での経験を持つ管理者や専門的なスキルを持った技術者が多数在籍しており、派遣先企業との信頼関係を構築することで、長期的な業務契約を獲得することもできます。現代の建設業界では、人手不足の問題が深刻化しており、派遣施工管理の需要は今後も高まっていくことが予想されます。

     

    建築業界では、正社員の施工管理だけでは現場のニーズに対応し切れず、そこで派遣施工管理者が重宝されています。派遣施工管理者は、建築現場において、様々な業務に対応することが求められています。その中でも、現場監督・安全管理、品質管理、工程管理など多岐にわたります。 現場監督としては、施工が正しく進行しているか、安全対策がしっかり施されているかどうかを見極め、施工者への指示やアドバイスを行います。また、品質管理においては、仕様に沿った施工が行われているか、不備な箇所の発見・指摘、修正作業などを行います。 工程管理においては、あらかじめ設定されたスケジュールを元に、施工者や資材の手配を進め、工期の遅れ・早期発見・改善を行います。そして、建築物の完成・納品の際には、施工者の訓練や作業工程の改善なども行います。 以上のように、派遣施工管理者に求められる仕事は、非常に多岐にわたりますが、それに応えるために、高い技能や経験、人間関係力などが必要とされています。そのため、派遣業界においても、教育や研修、経験の積み重ねが必要であるといえます。

     

    派遣業は、その性質上、多様な業種・職種に対応する仕事が多くなっています。そのため、派遣で働くにあたり、様々なスキルや資格が求められます。 具体的には、事務系の派遣であれば、パソコン操作能力が必須となります。MS Officeを中心に、業務に必要なソフトウェアの操作や、基本的なタイピングスピードが求められます。また、簿記や経理の資格を持っていると、経理業務のアシスタントなどで活躍することができます。 技術系の派遣であれば、専門知識や技術力が求められます。図面の読み方や、製造機械の操作など、特定の分野に関する専門知識が必要です。資格面でも、技術系の派遣には、機械系や電気系の技術者資格が必要な場合があります。 そして、派遣業に限らず、ビジネスマナーも重要なスキルの一つです。人間関係を円滑にするため、挨拶や礼儀作法を身に付けることが大切です。 派遣業で働くには、上記のスキルや資格だけでなく、柔軟な対応力やコミュニケーション能力も重要です。クライアント企業や同僚とのコミュニケーションを円滑に行い、業務を遂行することで、派遣先から信頼されることができます。

     

    派遣業において施工管理者は、建設プロジェクトにおいて現場管理や品質管理を行い、顧客満足度を高めることが求められます。そのため、マネジメント能力は非常に重要です。まず、現場でのコミュニケーション能力が必要であり、作業員や関係者と良好な関係を築き、トラブルを防ぐことが必須です。また、作業員のスキルアップやスケジュール管理も担当するため、作業ダイアリーや進捗管理システムを適切に活用するスキルが必要です。さらに、予算管理や資材管理などの財務的な管理能力も必要なため、事務処理にも精通していることが重要です。これらの能力を持つ施工管理者が現場に常駐し、プロジェクトを円滑に進めることで、お客様に対して高品質かつスムーズな工事を提供することができます。

     

    派遣業においても施工管理は重要な役割を果たしています。しかし、業界特有のリスクが存在するため、派遣施工管理においてはリスクマネジメントが欠かせません。例えば、現場での事故やトラブル、お客様とのトラブル、派遣元や派遣先企業とのトラブルなどが発生する可能性があります。これらのリスクを最小限に抑え、スムーズな業務遂行が必要です。そのためには、徹底した事前調査や業務マニュアルの作成・遵守、報告体制の整備などが必要不可欠です。また、社員の教育・研修にも力を入れ、リスクマネジメント能力の向上を図ることが求められます。派遣施工管理においては、安全性確保や適切なコスト管理、良好なコミュニケーション能力なども求められます。リスクマネジメントを徹底し、サービス向上を目指していくことが、派遣業界においても重要な課題であることは言うまでもありません。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。